« 青木屋(那須高原) | トップページ | さつきの里(那須町) »

2007/08/25

蕎麦喰い日誌(那須高原編2)

2007年8月25日

まだ夏休み中だが、そろそろ人出も減っているかと思い那須高原へ足を踏み入れてみた。
しかし、那須ICから那須高原へ向かう那須街道はかなり渋滞していた。
引き返そうとおもったが、せっかく出かけてきたので、那須IC近くの店に寄ってみることにした。

最初に向かったのはログハウスの蕎麦屋。
ログハウス風ではなくラミネート角ログを使った本物のログハウスだった。
最近できた店なので、店内外ともまだ綺麗だ。

味玄の外観
2年半をかけてセルフビルドしたらしい。

味玄
那須町高久甲4501-1

場所は那須街道沿い、東北道那須IC那須高原方面へ1Kmほど行ったあたりの右側にある。
向かい側も「やしお」という蕎麦屋だ。

到着したのは11:30頃。
先客は一組だったが、その後3組ほど入ってきた。那須街道一の格安価格というだけあって、もり550円、天もり900円(海老のてんぷらもついている)と確かに周辺の店より安い。
天もりも注文したが、運ばれて来たものを見て、間違えてうどんが出てきたのかと思った。
麺が太目で色が白かったのだ。
厚さ1.5mmぐらい幅2~3mmと太い麺は好きなので良いのだが、この太さなら黒っぽい方が似合う。
食感は柔らかいのだが、かといって茹で過ぎたときのようなのびた感じでもない。

麺の量はやや少ないように感じた。街道一安いのだろうがそれにみあう量の少なさだ。グラム当たりの単価で比べると最安値とは言えないと思う。
つけ汁はやや薄めだった。

もり   550円
天もり 900円
大盛りは150円増し
他にうどんやわっぱ飯、天丼などもある

2007/08/25 11:30

黒磯の街へおりてホームセンターめぐりをしたあと、本日2軒目に予定していた「山月」へ向かう。
13時20分ごろ着いたが、駐車場が満車で入れない。混雑している蕎麦屋に入る気はしないので、すぐに引き返して途中で前を通り過ぎてきた「蕎嗜郎」へ向かう。

「蕎嗜郎」は、蕎麦喰い日誌(那須高原編1)以来で2度目の訪問だ。

蕎嗜郎
那須塩原市青木187-14(道の駅 明治の森・黒磯の向かい)

3種類の蕎麦(麺)があり前回「十割」を食べたので今回は「田舎」にしてみた。
極荒挽きの二八で太めの麺だった。
厚さ2mm幅2~3mmと太目で、しっかり噛みながら食べると蕎麦の味がよくわかる。
なかなか旨いそばだ
つゆは濃い目だがバランスのとれた美味しいものだ。

荒挽き 630円
田舎   840円
十割 1050円
大盛り 315円増し
野菜天ぷら 420円

ここの店内は喫煙可能になっている。
玄関前に灰皿が置いてあったので、店内は禁煙になったのかと思いながら店に入ったが、テーブルの上に灰皿がおいてあった。
今日は混んでいて注文してから出てくるまで30分以上待たされたが、30分ぐらい待たされたころに店員が灰皿を持ってきた。相席で最初から置いてあった灰皿が先客のところにあったので、気を利かせて持ってきたのだろうが、私はタバコを吸わないし持ってくるにしても遅すぎないか?
この様子では禁煙にすることはなさそうだ、蕎麦がおいしだけに残念だ。
「田舎」を食べたので、私はもうこの店にはこないだろう。

2007/08/25 13:30

「蕎嗜郎」のほうは、たばこの煙や匂いを気にしない人にだけお薦めします。

|

« 青木屋(那須高原) | トップページ | さつきの里(那須町) »

コメント

来月那須方面に出掛けようと、思いこのブログを見付けました。昨年の5月に見付けた蕎麦店の情報を。私も「関谷のふくろう」に入りましたが、評価は保留です。ふくろうを出て気が付くと、イタリアンレストランの左手に「そば」ののぼりを発見、東京へ戻る際に寄りました、「蕎心庵」という蕎麦店で鴨せいろ、連れは天せいろでしたが、二人とも納得の都会の味でした。来月は那須へ向かう往路で寄りたいと思っています。

投稿: そば好き | 2008/03/12 18:15

「蕎心庵」は店には行ったことはあるのですが、営業時間外だったので、まだ食べたことはありません。

投稿: RINTA | 2008/03/13 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62609/7684340

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦喰い日誌(那須高原編2):

» 蕎嗜郎(那須高原) [那須の手打ち蕎麦屋]
店名:蕎嗜郎 2007年に食べたときは麺が3種類(荒挽き・田舎・十割)あったが、 [続きを読む]

受信: 2009/10/04 16:07

« 青木屋(那須高原) | トップページ | さつきの里(那須町) »