« 侘助(黒磯) | トップページ | 蕎麦喰い日誌(那須高原編1) »

2007/05/27

蕎麦悔い日誌(黒羽編)

タイトルの悔いは誤字ではありません。

2007年5月27日

大田原に用があったので、少し回り道をして黒羽の「かまくら」に寄ってみようと思って出かけた。

店に着いたのは13時頃。駐車場には10台ほどの車が停まっていた。
入り口の引き戸を開けて店内に入るといきなり奥のほうから「ありがとうございました」と言う声がかかる。
今から入ろうとしているのに....食べ終えた帰る客が引き戸を開けたのだと思ったらしい。

店内を見渡すと、半分ぐらいのテーブルは客で埋まっているが他は空いている。
しかし、空いているように見えたテーブルには先客が食べ終えた器が置かれたままで、
片付いているテーブルは見えない。
店員も厨房にはいるようだが客席のほうには誰も居ない。
しばらく待ってみたが、店員はだれも出てこない。

昼食時のピークを過ぎて片付けに忙しいのか?
この状態で出される蕎麦には期待できそうにもないので店を出てきた。

大田原への途中にある道の駅「那須与一の郷」にも蕎麦屋があったはずなので、
そこで食べようと国道461を大田原方面へ向かう。

すると、間もなく道路沿いに手打ちそばの幟が見えた。
一旦通り過ぎたものの、思い直してさっき見えた店に入ってみることにして引き返した。

一の塚庵
栃木県大田原市 だいたいこの辺り(地図)


先客は一組。

メニューを見ると、そばとうどんのどちらもやっている。

注文したのは「天せいろ」1050円

てんつゆもてんぷらようの薬味もそばとは別の器に用意されていてその点は良い。
てんぷらもえび2本に野菜が3種類ほどで、悪くはないがピーマンのくぼみの中に衣がたっぷり埋まっていたのはいただけない。

肝心のそばのほうだが、あまり美味しいものではなかった
コシがなくぼそぼそした感じで、つけつゆもイマイチ。

食べながら壁の貼り紙を見たら、「そば・うどん食べ放題で680円」と書いてあった。
安すぎる~

お腹いっぱいそばを食べたいときにいいかもしれない。

あまりお薦めできる店ではなかったたので、店の名刺や箸袋ももらったこなかったため
正確な住所や電話番号はわかりません(iタウンページでも検索できなかった)


  2007/05/27 13:10


「かまくら」「一の塚庵」ともお薦めはしません。

|

« 侘助(黒磯) | トップページ | 蕎麦喰い日誌(那須高原編1) »

コメント

行く店間違えましたね~黒羽なら今は禅味一笑!大雄寺前にあるのでぜひ行ってみては?

投稿: ネネ | 2009/05/09 16:16

ネネさん<
情報ありがとうございます。

もうすぐアジサイの季節です。
紫陽花見物がてら行ってみようかな。

投稿: RINTA | 2009/05/10 11:31

「禅味一笑」には7月に2度店まで行きましたが、私とは縁が無いようで蕎麦は食べられませんでした。
1回目は水曜日の12時前でしたが「臨時休業」。
2回目は金曜日の13時頃、店は開いてましたが、「もう終わり」でした。
私の直前に入った客までは注文を受けていたのですが。
営業時間は11:00~17:00(月曜定休)なんですけどね。

見たところ私の好みではない細目のそばのようなので、もう足を運ぶことはないと思います。

投稿: RINTA | 2009/07/31 16:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62609/6602527

この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦悔い日誌(黒羽編):

« 侘助(黒磯) | トップページ | 蕎麦喰い日誌(那須高原編1) »